啐啄同時

若手研究者を応援するオヤジ研究者の独白的な日記です。

「アチソンライン」とは

 今の日韓の「政治摩擦」から「経済摩擦」へと拡大する現状の背景を理解するには、韓国の文在寅政権が目指す南北統一の大きなリスクと、どうして朝鮮戦争が勃発したのかという歴史的な事実を知ることが必要と言われます。

そして、その朝鮮戦争勃発の誘因となったと言われるのが、「アチソンライン」です。

 

アチソンラインとは、「アメリカ国務長官ディーン・アチソン1950年1月に宣言した防衛ライン。アリューシャン、日本、沖縄フィリピンを結ぶ線をいう。」

引用:  

http://d.hatena.ne.jp/keywordtouch/%A5%A2%A5%C1%A5%BD%A5%F3%A5%E9%A5%A4%A5%F3

 

Wikipediaによりますと、

ディーン・グッダーハム・アチソンDean Gooderham Acheson1893年4月11日 - 1971年10月12日)は、アメリカ合衆国弁護士政治家ハリー・S・トルーマン大統領の下で国務長官を務めた。」

1945年8月、アチソンはトルーマン大統領によって国務次官に任命され、続く2年間にわたってアチソンはトルーマン・ドクトリンマーシャル・プランの立案に重要な役割を果たした。アチソンは革命の危険にある国々での共産主義の普及を停止させる最良の方法は、それらの国々の進歩的勢力と連携することであると主張した。」

1949年にアチソンは、マーシャルの後任として、国務長官に任命された。アチソンは国務長官として共産主義封じ込め政策を継続し、NATOの結成に尽力した。極東地域でも1950年1月、日本・沖縄フィリピンアリューシャン列島に対する軍事侵略に米国は断固として反撃するとした「不後退防衛線(アチソン・ライン)」演説を示した。ただし、この演説は台湾朝鮮半島インドシナ半島など除外地域については明確な介入についての意思表示を行なわなかったことから、朝鮮戦争の誘因になったとされている。同年1月には米国は台湾不干渉声明も発表しており、台湾海峡を防衛するとして第7艦隊を派遣したのは朝鮮戦争開戦から2日後の同年6月27日だった。」

 

引用:  

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ディーン・アチソン

 

 

大学進学率の日本(54.1%)と韓国(68.9%)の差 (2017年統計)

韓国における大学進学率は2017年現在68.9%で日本の54.8%(2017年度)を大きく上回っている。つまり、日本は卒業後に専門学校(16.2%)と大学(54.8%)に分かれて進学していることに比べて、韓国は専門学校が少ないことなどが理由で大学進学率が高く、卒業後にミスマッチが発生している」

韓国では労働需給のミスマッチと雇用創出の不振で若者の雇用状況が改善されておらず、2017年時点の若者(20~29歳)の失業率は9.8%に達している。平均失業率3.7%に比べると約2.6倍も高い水準だ。」

 

引用:  

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58755?page=3

 

韓国では、数少ない大企業への就職を狙う就職浪人が多いと言われています。

そして、最低賃金の急速な引き上げが引き起こす国内問題が、日本製品不買運動などの反日政策の後に深刻化してくるものと予想されています。

   

 

サウジアラビアと日本の文化交流 - 文化人類学

 


「郡司みさお」さんという方は、サウジアラビアと日本の文化交流のために大きな貢献をされている方のお一人です。

 また、中東の地域研究というか、この方面での文化人類学の研究もやっておられます。

  本もたくさん書いておられますが、そこにふんだんに出てくるイラストは、自分で描かれたということ。その多才ぶりに驚かされます。

 

f:id:tgojobor:20190819151300j:plain

 

f:id:tgojobor:20190819152003j:plain

 

f:id:tgojobor:20190819151908j:plain

 

f:id:tgojobor:20190819152054j:plain

 

 

 

 

 

 

 

「坂田三吉 将棋じゃ泣かぬ、可愛い小春のために泣く」(王将・夫婦駒)

昭和40年(1965年)3月から始まり翌年の昭和41年(1966)4月に終わる連続テレビドラマ「王将物語」の主題歌「王将・ 夫婦駒」を石原裕次郎さんが歌いました。長門裕之さんと藤純子さんが三吉と小春を演じるということですが、もちろん、教授にも少し古すぎてリアルタイムでの記憶もありません。

  このように「王将・夫婦駒」は大変古い歌ですが、どこかノンビリした雰囲気というか味があって、ゆっくり聴くにはいい歌です。

  この歌詞の以下のような将棋の有名な指し手のような文句が出てきます。

 

「🎶暴れ槍ならどろんこ桂馬〜」、

「🎶乱れ角なら向かえ飛車〜」

 

  しかし、将棋に精通した人達でも、この歌詞にあるような指し手は実戦にはなく、歌の内容に合わせて虚構の指し手だろうと言われています。

  歌の調子がいいだけに、虚構指し手というのが残念ではありますが、テーマは「夫婦愛」なので、この指し手はどうでもいいのかもしれません。しかし、「酒や、鮭槍、酒持ってこい!」という近代版の坂田三吉像の歌詞より、この裕次郎版の方が少し救われたような感じがします。

 

参考:

https://games.yahoo.co.jp/qa/detail?qid=1493824894

http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-8587

 

福岡での法事Iが無事に終了

 本日の2019年8月3日(土)、初盆の法事がありました。明日の2019年8月4日(日)にもあるので、先の3日の法事を「法事I」と呼び、4日の法事を「法事II」と呼ぶことに致します。

   法事Iは、お坊さんに実家に来てもらってのことでありました。もう内輪の親族だけの法事ではありましたが、お坊さんによると今週だけで62件の法事をこなさねばならないとのこと。「老齢化社会」から「多死社会」へという話はよく聞きましたが、団塊の世代の終盤も向かえて「多死社会」全盛期を向かえていくものと思われます。

   そういう意味でも、お坊さんの説教を聴く機会も多くなってきたように思います。

仏教で言えば、宗派も異なれば教義もその解釈もかなり異なります。

 

 

 

イアーカフ

  イアーカフとは、「耳の縁に挟んでつけるアクセリー」のことをいう。「小さなピアスやイアリングのようなものから華やかなジュエリーや花を使ったものなど様々なタイプがある」という。「ピアスのように穴を開ける必要がないので、いろいろな場所に気軽に付けられておしゃれのポイントに活躍する」という。

引用:

https://toplog.jp/972087

茄子(なすび)を食す

 こちら現地サウジアラビアの大学KAUSTのスーパーマーケットで、茄子(なすび)を買いました。これが、これで商品になるのかと思うばかりの、形が全く揃っておらず表面も美しく輝いていません。ただ、とても自然に獲れた野菜という感触は非常にします。

  そう考えれば、日本の茄子は形が全部整っていて、表面はワックスを塗ったようにピカピカで、自然に獲れたというには「不自然」感が強すぎるように思います。

  料理を知らず、あまり興味がある方でもないのですが、茄子の料理に挑戦しました。

 

f:id:tgojobor:20190729072537j:plain

我流の茄子(なすび)の炒めもの

  何かわからないうちに、茄子の炒めものができました。美味しかったかというと、実に残念ながら、美味しさはもう一つでした。しかし、頑張って完食しました。

 

 

市川雷蔵主演「眠狂四郎」シリーズ

米国ハリウッドのマーベル映画のヒットは、スターウォーズがそうであったように、「西部劇を現在版にしたような形で制作していること」によるというコメントを小耳にはさみました。そこで、それでは日本ではそういう映画はないだろうかとユーチューブを探していたところ、故市川雷蔵さん主演の「眠狂四郎」シリーズを見つけました。これぞ、日本のジョン・ウェインではなかったのだろうかと思い始めました。

  これらは1950年代の映画のものもあって、さすがに教授にも古過ぎ感が強い映画ではありましたが、この市川雷蔵さんのニヒルながらも情に熱いスーパーマンぶりには、「木枯し紋次郎」や007ボンド映画にも通じるものがものがあって、凄く面白かったです。

サウジより欧州が暑い2019年の夏

f:id:tgojobor:20190726032955j:plain

サウジアラビアのジッダは日中でも38℃を超えない。

d
CNN International は、本日2019年7月25日、イギリスで気温が39℃を超え、ドイツでも38℃にもなって、熱気が欧州を覆っていると報道しています。

 

f:id:tgojobor:20190726032842j:plain

欧州の異常な暑さをCNNが報道。

(上記の記事の一部は写真で撮られたもので、個人的なブログのみに示すもので、それ以外のいかなる目的に使用するものではありません。)

 

一方、教授がいるサウジアラビヤのジッダという都市では、日中の一番暑い時でも37℃で「涼しい」夏が続いています。いつもでしたら、40℃はゆうに超え45℃になるときもしばしばなのに、そんなに暑くないのです。実は、昨年の夏もその前の一昨年の夏も涼しかったのでした。

 

やはり、気候変動(Climate Change)の影響が大きく効いてきていることが、十分に考えられます。

アルテミス計画

 2024年とは、2019年の現在からすればたった5年後のことです。

米国のNASAは、2024年に人を再び月に着陸させる計画を打ち上げたのです。

  アポロの双子がアルテミスということで、「アポロ計画」から「アルテミス計画」とか。

  Wikipedia では、「アルテミス計画(アルテミスけいかく、英語: Artemis program)とは、NASAが計画している有人月飛行計画である。2024年に予定している。アルテミスは、ギリシャ神話に登場する月の女神で、アポロの双子とされる[1]。」と、記載されています。

 

「相乗りカラオケ (Carpool Karaoke)」全米で大ヒット

 もうそんなに新しい話題でもないのですが、数年前から面白い米国の番組がYutubeにアップされていて、結構楽しめます。

   英国人俳優ジェームス・コーデン (James Corden)が運転する車に有名歌手が助手席に乗り込んで、一緒にカラオケで歌を歌う番組が大ヒット。英語が多少分からなくても、十分に楽しめます。ユーチューブ(YouTube)でいつでも見れるようになっています。

   そのうち、これを真似したテレビ番組かユーチューブ版が日本でも始まるのではないかと思われます。

例えば、

セリーヌ・ディオンの場合 (Céline Dion Carpool Karaoke)は、

https://youtu.be/dsUURLFnr9k

 

アデレ(Adele Carpool Karaoke)の場合は、

https://youtu.be/Nck6BZga7TQ

 

2017年のShodai Infoによりますと、

マドンナやスティービー・ワンダージャスティン・ビーバーなど大物アーティストたちがこぞって出演する番組『Carpool Karaoke』が全米で大反響を巻き起こしている。」

アメリCBSの深夜番組『The Late Late Show』のコーナーで、放送後には、YouTubeで公開。「Rolling In The Deep」で知られるグラミー賞受賞歌手・アデルの出演回は、14900万回以上の再生回数を記録し、昨年の「YouTube Rewind 2016」(YouTube発表の世界動画ランキング)で1位に輝いたほどだ。」

「日本発祥のカラオケが“Karaoke”として世界的に人気なのは知られているが、思わぬ形で“逆輸入”され、新たなKaraokeブーム到来の可能性も感じさせる勢いだ。」

https://info.sdxgp.com/column/or170224_karaoke.html

我が家のシャンデリアの安全点検

 今日は、以前から予定されていた、サウジの我が家のシャンデリアの安全点検が行われました。日本に帰ると、よく「サウジの我が家にはトイレが8つある。」と、誇らしげにと言うよりも呆れ気味に言っているのですが、実はシャンデリア派9つもあるのです。玄関内ホールのシャンデリアが一番大きいのですが、他の部屋のシャンデリアも結構立派ななのです。

  今日はその全てのシャンデリアの安全点検を大学のメインテナンス・チームが行い、なんと1時間以上もかかりました。

  特に、玄関内ホールのシャンデリアは非常に高い天井から吊り下がっており、これをどう点検するのか興味深々でした。すると、なんと玄関ホール内に3階層もの足場を組んでの点検作業で、命綱まで繋げての高度な点検作業を行ったのでした。

  これには、さすがに写真とビデオを撮ってしまいました。

 

f:id:tgojobor:20190721023511j:plain

サウジの自宅の玄関内ホールに高い足場をくんでシャンデリアの安全点検

 

KAUST日本人院生が学位取得で卒業

  アブドラ国王科学技術大学(KAUST)には、現在日本人院生が2人在籍しています。そのうちの一人が学位取得を得て卒業し、翌日2019年7月20日にドイツの研究所にポストドクとして就職しにKAUSTを離れます。

   わざわざ挨拶に教授の研究室まで来てくれたので、この夜にKAUST日本人会の皆んなで卒業のお祝いと送別会を、アルマーサ・ヨットクラブのレストランで行いました。

  これで、日本人院生はたった一人になってしまいました。約850人の学生のたった一人が日本人というのは少し寂しい限りです。

 

KAUSTに帰還後から直に出勤へ

 昨夜2019年7月17日の21時20分に搭乗し成田空港を離陸したエミレーツ便がドバイ空港に到着したのが、予定通り本日2019年7月18日の午前3時(ドバイ時刻)でした。少しガラガラ気味の様相で、いつもは満席気味の状況とは異なって乗客としては楽ちんの状況でした。次のドバイからジッダまでの乗り継ぎ便の出発が午前6:55(搭乗は6:10)なので、いつものようにラウンジでシャワーを浴びて、もうここでジッダについて直に大学に出勤できる体制をとります。

  ちょうど「ハッジ」という巡礼の時期は、イカマというグリーンカード(居住許可証)持っている外国人以外は、巡礼でないとジッダには入れません。このため、ジッダ行きの空港のゲートでしか搭乗券を発行してくれず、いささか不安ながらもゲートが開く時間を搭乗券を持たないまま待つしかないのです。

  それでも予定通りに、ゲートで搭乗券を発券してもらって、ドバイから乗り継いだエミレーツ便でジッダ空港に到着しました。予約してもらっていたタクシーもキチンと待っていてくれて、予定通りに本日2019年年7月18日の午前中にはKAUST自宅に帰還しました。

   このドバイからのジッダへの飛行機の中の朝食のメニューがいつも同じで食べる気がしないのですが、カロリーにも気をつけて一応しっかり食べました。

f:id:tgojobor:20190721080534j:plain

ドバイからジッダ便の機内食のメニュー

 

  こうして、同日の午前11時には研究室に向かい、早速に仕事を始めた次第です。

  教授の年齢からすると、このような時はしっかり休息を取ってから出勤するように皆さんから言われるのですが、もう長年の習慣になっているせいか、そのようにしてしまいます。しかし、肉体的疲労はかなり蓄積しているので、健康にはさらに細心の注意を払わねばならない

  と思います。