啐啄同時

若手研究者を応援するオヤジ研究者の独白的な日記です。

(火) アストラゼネカもワクチン開発に成功!(従来方式で格安大量)

[ロンドン 23日 ロイター] -「 英製薬大手アストラゼネカは23日、英オックスフォード大学と共同開発している新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)の中間結果を発表し、深刻な副作用を起こさず感染を予防できる有効率が約90%だと明らかにした。」


また、年内に最大2億回分のワクチンを製造すると表明。競合の米ファイザーは年内に5000万回分の製造を目指すとしており、アストラゼネカの目標はその4倍に相当する。来年3月末までには世界で7億回分のワクチン供給を目指す。

英国とブラジルで実施している後期治験データによると、まず半分の量を投与し、少なくとも1カ月の間隔を置いて全量投与した場合の有効率が90%だった。


アストラゼネカのワクチンは、従来型のウイルスベクターワクチンで、ヒトに対して病原性のない、または弱毒性のウイルスベクター(運び手)に抗原たんぱく質の遺伝子を組み込んだ組み換えウイルスを投与するもの。これに対し、ファイザーやモデルナのワクチンにはメッセンジャーRNA(mRNA)という新技術が用いられている。


ワクチン1本分の価格はわずか数ドル程度と、ファイザーやモデルナのワクチンと比べて格安。さらに2─8度での管理が可能で、保存や輸送が容易だという。ファイザーのワクチンはマイナス70度以下の超低温で保存する必要がある。モデルナのワクチンは2─8度で30日間保存できる。」


「英国のハンコック保健相は「ワクチンの配布プログラムの大部分が1月、2月、3月に行われる予定で、イースター(復活祭)以降、状況が正常に戻り始めるよう願っている」と述べた。


引用:


https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-astrazeneca-idJPKBN2830RO?utm_source=rcom&utm_medium=jpranking







(月) サウジとイスラエル

 サウジに住んでいると、びっくりしたニュースが飛び込んできました。

 2020年11/23(月) 17:28 (日本時間) Yahoo!ニュース のJojo.comによりますと、「イスラエル首相がサウジ極秘訪問 現地報道、正常化へ地ならしか」という見出しのもとで、

「【エルサレム時事】イスラエルの各メディアは23日、関係筋の話として、ネタニヤフ首相が22日にサウジアラビアを秘密裏に訪問したと一斉に報じた。同国の事実上の最高権力者ムハンマド皇太子と会談したとされるが、サウジ側は会談の事実を否定している。」と、報じています。

 

引用:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201123-00000042-jij-m_est

 

 現地では、もちろんなんの報道もあっていないようです。

 サウジアラビアイスラエルは、公的には「断交」状態にあってサウジからイスラエルには直接に行くことはできません。また、パスポートにイスラエル入国のスタンプがあるとサウジに入国できないとも言われていましたが、それは緩和されたとも聞きますが、実際はよく分かりません。ただ、イスラエルに入国の際はパスポートにスタンプを押さずに別の方法があるとも言われているようです。

 複雑で微妙な地政学的な状況ですが、どういう状況でも、平和裡に事が進むことは望まれます。

 本日午後に、ジッダ総領事館から注意案内が来ていましたが、アラムコの原油精製工場がドローンで攻撃されたとのことでした。ときどき、こういうことがありますが、実際の生活などでは全く平穏に過ごせているので、総領事館からは注意喚起で現場近くには近づかないようにという事でしょう。

 

(金) 円高時代が到来か!

2020年11月20日付の13:20発信(日本時間)の読売新聞の報道によりますと、「バイデン氏、FRBの超低金利政策を支持…新政権の財務長官「決めた」」との見出しで、「米大統領選で勝利を確実にした民主党ジョー・バイデン前副大統領は19日の記者会見で、米連邦準備制度理事会FRB)の超低金利政策を支持する考えを示した。勝利宣言の後、金融政策に詳しく言及したのは初めて。新政権での財務長官を決定したことも明らかにした。」と、報じています。

 FRBは3月、新型コロナウイルスの感染拡大から景気を下支えするため、事実上のゼロ金利政策を復活させた。9月には2023年末まで継続する見通しを示していた。」ということですので、ドル円はかなり「円高」に向かうことが予想されます。現在でも「1ドル103円台」ですので、「1ドル100円台」も視野に入ってくる可能性が大きいです。

 せっかく、日経平均も3万円台を目指すところまで来ているようですが、この円高日経平均が30000万円に迫ろうとする阻害要因になる可能性は大ということとでしょうか。ただ、菅総理は「円高」には注意を以前から払っているという報道もあり、日銀の為替介入もあり得る話であるようにも思われます。

 バイデン次期政権の財務長官に誰かを持ってくるかでも、「強いドル」とは志向性の異なる財務長官が起用されれば、対ドルでは円高に向かってしまうことはになりそうです。

 

 

(水)モデルナ社もワクチン開発に成功!: 新型コロナワクチン大量生産時代が到来!

もうすでに様々な報道がなされていますが、ファイザー社に続いて、モデルナ社もワクチン開発に成功しました。

 2020年11月18日発信のロイターニュースから、以下のようにまとめられるようです。


 「*バイオ医薬品大手の米モデルナは(2020年11月)16日、新型コロナウイルス感染症のワクチン候補について、後期大規模臨床試験で94.5%の効果が確認されたとする暫定結果を公表した。米製薬大手ファイザーと独ビオンテックが開発中の新型コロナワクチン候補は(2020年11月)9日の発表で、90%を超える有効性が示された。」

「*モデルナによると、重症者11人は全て偽薬の投与を受けていた。ワクチンの副作用は軽めのもよう。」

「*このワクチンはマイナス20度で最大半年間の保存が可能。通常の冷蔵庫の温度である2-8度であれば保存期間は最大30日。マイナス70度での保存が必要なファイザーのワクチンよりも配布が容易になる。」

また、引用元の「コラム:モデルナ治験成功、ワクチン大量供給で途上国にも恩恵」という見出しの2020 年11月17日午前11:26、23分前に更新(日本時間)の記事によりますと、

患者1人について2回の接種が必要になるかもしれないが、モデルナだけでも、来年中に5億─10億回分を生産する見通し。ファイザー、同社と組むビオンテック22UAy.DEは、来年最大で13億回分を生産すると見込んでおり、他のほぼ全ての大手製薬会社も大規模生産態勢に入っている。」

「米国政府だけでも既に、アストラゼネカAZN.Lジョンソン・エンド・ジョンソンJNJ.Nなどに計6億回分を発注した。」

「ワクチンがあり余るほど供給され、しかもそれが簡単に配布できる製品であるなら、途上国は大いに助かる。先進国でワクチンの余剰が発生すれば、途上国が購入できる、あるいは贈与される分が増えるだろう。」

と述べています。

そして、「世界保健機関(WHO)のデータでは現在、ほかに46種類のワクチン候補が治験段階にある。そのほとんどは新型コロナウイルスの同じ部分を標的としている以上、恐らくもっと成功例が出てきてもおかしくない。」と述べています。

いよいよ、「新型コロナワクチン大量生産時代が到来!」といってもいいものと思われます。

引用: 




(水) 「withコロナ」から「afterコロナ」・「postコロナ」になり得るか?

 ファイザーの新型コロナ対策用ワクチンの有効性の結果が、分かってはいましたが、こんなにも反響を呼びのかと少し驚きました。

 これは、ドイツのビオンテック社との共同開発したもので、いわゆるRNAワクチンのようです。このワクチンは、開発期間が短くて済むことと、体内でタンパク質を作らせるので副作用が比較的に少ないためではないかと思われます。詳しい情報は新聞などしか得られていませんので、少し間違えた解釈があるかもしれません。

 ファイザー社は、すぐにFDAへの申請を行い、年内には接種開始となる公算が高いようです。

 ただ、他の会社のワクチン開発も、ワクチン種類や治験の手段や規模の違いで、時間のずれはあるものの、続々と治験開始の報が来年の1月夜2月くらいから来るのではないかと思われます。

 生物学的には「withコロナ」の状態が続く可能性が高いでしょうが、社会的には「afterコロナ」という状況になっていくものと思われます。

 様々な経済指標は、このファイザー社のニュースの前から改善傾向にあり、業種によっては経営が困難を極めているところもありますが、特に米国の失業率は格段に改善しており、また日本の自動車の売り上げも急回復しているところから、コロナ感染が拡大する中において、米国だけでなく日本も含めて、かなりの会社が経営的には頑張っている構図が読み取れます。

 この状況で、実際にワクチンの接種は実際に始まってくると、このコロナ禍を第3次世界大戦のように捉えた人達もおられましたが、ちょうど終戦を迎えたような経済勃興にに似た現象が今もうすでに起こっているのかも知れません。

 しっかりとこの難局を乗り越えていくためには、これからのさまざまな動きに神経を尖らせていなければならなくなってきているようです。

(月) ファイザーのワクチン開発成功を受けて、米ニューヨーク株式市場一時1600ドル高とか!!

たった今入った朝日新聞デジタルの日本時間11月9日(月)23:35配信によりますと、「NY株が急騰、過去最高値 ファイザーワクチン開発好感」の見出しで、

「週明け9日の米ニューヨーク株式市場は、新型コロナウイルスのワクチン開発進展をめぐる米製薬大手ファイザーの発表を受け、主要企業でつくるダウ工業株平均が急騰して始まった。前週末終値(2万8323・40ドル)からの上げ幅は一時1600ドルを超え、2月につけた過去最高値を9カ月ぶりに上回った。」

と報道しています!


 「ファイザーは同日朝、独企業と共同開発中だったワクチンについて、臨床試験(治験)で90%以上に感染予防の効果があったと発表。市場では、新型コロナ感染を制御できる可能性が高まったとの受け止めが広がった。航空会社や外食、娯楽など新型コロナの打撃が深刻だった業界を中心に、幅広い銘柄が買われている。」


引用:

https://news.yahoo.co.jp/articles/5fe8377b9f48a68d8b5f6197a70ec7f70e5c63ae



(月) 緊急報告「新型コロナ・ワクチンついに成功!」BBC ニュースで沸く!!

f:id:tgojobor:20201109230715j:plain

 

https://www.bbc.com/news/health-54873105

 
約30分ほど前、日本時間で本日午後10時頃に、BBCで有効ワクチン開発にファイザー社などが成功したという報道があったということで、サウジアラビアのKAUST大学では沸いています。
 
報道によりますと、かなり有効性が高いということで、最初の新型コロナの実用性ワクチンの第1号になる可能性は大きいように思われます。43500人投与して90%に有効だったということで、報道が正しければ、これは有望と思われます。また、ファイザー株が既に急騰しているとも報じているので、その確度は高いようです。
 
いずれにしても、早く世界の感染が拡大している米国や欧州そしてインドなどの各地に届けてあげたいですね!もちろん日本やサウジにも!
 

(金) 故事「欲と二人連れ」

 教授が子供のころ何か食べ過ぎると、よく母親から「欲とふたつで食べるから〜!」のようなことを急に思い出しました。

 これは一体何だったんだろう?、と思って少しインターネットで調べてみました。

 すると、「よくとふたりづれ」と読むと「故事ことわざ」であることが分かりました。そしてその意味は、「欲と二人連れとは、欲につられて行動することのたとえ」であることがわかりました。

 

 (故事ことわざ辞典より)

http://kotowaza-allguide.com/yo/yokutofutarizure.html

 

(木) 佐々木卓治先生の令和元年度(2019年度)「文化功労者」お祝いの会

 本日、2020年10月29日(木)に日本時間の午後2時からほぼ3時間にわたって、東京農業大学にて(木) 佐々木卓治先生「文化功労者」お祝いの会がzoomにて開催されました。

 サウジアラビアでは、午前8時からの開始になりますので、若干日頃の予定を初めて参加しました。ご一緒に「ニッポンバレ」という米の品種のゲノム解読のバイオインフォマティクスを頑張ってことを思い出していました。

 特に、イネゲノム第一染色体の完全解読でNature誌がacceptして、表紙の写真まで飾ったのは、佐々木卓二先生が第一著者で教授が最終著者で、日本の強さを示した最初のことでした。これは、シンジェンタというスイスと米国の合弁ベンチャーがイネゲノムのしかもニッポンバレの完全ゲノム解読としてサイエンス誌に発表されて絶望感漂う中で、とにかくより正確なゲノム塩基配列を決定しようと努力し続けた結果、シンジェンタ社が同定した遺伝子の半分以上が正確でなく使い物にならないと分かったという衝撃の事実にたどり着いたのでした。

 ただ、シンジェンタ社も偉かったのは、その後彼らのすべてのデータを国際コンソーシアムに提供してくれて、イネの全ゲノム解析に全面的に協力してくれたことでした。

 そういった状況の中で、佐々木卓二先生は一貫して世界的なリーダーシップを発揮し続けました。その功績は非常に大きなもので、日本の存在感を大きく示すものでした。

 ここに、重ねて「おめでとうございます!」とお祝いの言葉を差し上げたいと思います。

 

(水) バチカンのローマ教皇庁アカデミーの新会員の紹介が総会でありました

 2年ごとに1度行われるローマ教皇庁アカデミーの総会は、今年はコロナ禍(COVID-19)のため、前半と後半の2部に別れてzoomを用いて遠隔で行われました。

 前半は、「新型コロナウイルスパンデミック」をテーマに「科学とサーバイバル」と題してワークショップが2020年10月7日(水)、8日(木)、9日(金)行われました。その中でも、米国のNIH所長のフランシス・コリンズ博士の米国におけるコロナ禍対策についての説明は、極めて間接的ながら現大統領の政権との対応の中での苦悩が垣間見られるものでした。

 

Frances H. Arnold

David C. Baulcombe

Elaine Fuchs

Fabiola Gianotti

Reinhard Genzel

Stefan W. Hell

Jurgen A. Knoblich

Etic S. Lander

Jose N. Onuchic

Jane Lubchenco

Stefano Piccolo

Maryanne Wolf

 

 

(月) 堀田凱樹先生が令和2年度(2020 年度)の文化功労者に選ばれたという報道発表がありました!

堀田凱樹先生、おめでとうございます。

来る文化の日の11月3日に皇居で受賞伝達式が行われるものです。

 

(日) CNN「バイデン氏勝利」53% FOXは「トランプ氏」62%

米国の大統領選挙の2回目で最後の直接の討論会が終わり、討論会だけから見た勝敗がマスコミによって異なることが分かりました。

 

CNN「バイデン氏勝利」53% FOXは「トランプ氏」62%


ということのようです。
 CNNとFOXでは支持者が異なる視聴者がそれぞれに多いということでしょうが、票の開き方からすると、第1回目の討論会のバイデン候補圧勝だったのに、第2回目の討論会はトランプ候補が辛勝と言えそうです。
 つまり、先週くらいまではニューヨーク市場のダウ平均も、バイデン候補が実際の大統領選では勝利するということが織り込み済みで株価が変動していると言われていたようです。
 しかし、ここに来て潮の流れが少し変わってきたように思われます。つまり、第2回の討論会では、バイデン候補の「失言」が目立ち、実際の票の行方が分からなくなってきた感が出てきました。
 石油産業への攻撃だったり、次男の海外取引スキャンダルだったり、増税だったりと、バイデン候補が選挙の直前に来て失点を重ねており、前回の大統領選でヒラリー候補が討論会では優勢だったのに、実際の大統領選では負けてしまうという4年前とほぼ同じことが起こる可能性も出てきたように思われます。
 つまり、少々乱暴だし口の利き方も好感が全く持てないけれでも、「強いアメリカ」を標榜するトランプ大統領は、根強い人気があることが予想されます。特に、「隠れトランプ」と言われる人達が、実際の投票行動で「トランプ支持」を実践すると、「トランプ大統領の逆転再選」はあり得るという可能性が出てきたようにも思われます。
 したがって、思わぬどんでん返しでトランプ大統領の再選もあり得るかも知れません。

(金) 米国大統領選で決まらないときは下院議長が?!

2020 10月20日()、日本経済新聞は、米国の大統領選挙が混乱して大統領が期限の2021年1月6日までに決まらなかった場合には、下院が全州選挙で大統領を決定し上院が副大統領を決定することになり、それでも下院で大統領が決まらないときは上院で決まった副大統領大統領になり、それでも決まらなかった場合には下院の議長が大統領を代行することになる、という記事を掲載しました。

 現在に下院議長は民主党ペロシ氏、トランプ大統領が議壇での演説前に握手をしようと手を差し出したところ完全に無視されたため、トランプ大統領の演説が終わるや否や大統領の背中側で演説原稿を破り裂いたあの女性議長である。

 

まさかそこまで縺れ込むことはなかろうとは思いますが、いずれにしてもトランプ大統領の大統領選での勝ち目は微妙にないような雰囲気形成が、テレビ局などから出来上がってきていると言われています。

 

(木) 現地の週末に思いもかけないプレゼントが!

 ここ現地のサウジアラビアでは、毎週の金曜日と土曜日が休日ですので、木曜日が休日前日となります。このため、木曜日の夜は「はな木」以上の意味合いがあって、日本の金曜日の夜に相当する感じでしょうか。

 今日の木曜日も、いっぱいの打ち合わせや遠隔会議の連続で、特にこの日の最後はヨーロッパ系のある学術雑誌の2年ぶりの編集者会議が世界各地からの編集者を集めてヴァーチャルで3時間を超える長丁場でした。

 この机に長時間座り続けた後の緊張感をほぐしながら、ようやく現地時間で午後6時半頃に(日本時間の翌日の午前零時半頃)に、いつもの冷凍野菜を解凍して牛乳とともに簡単な夕食を済ませたちょうどその時でした。

 「ピンポーン」と日本のものと違った甲高い玄関のチャイムが鳴り響きました。コロナ禍の状況もあって、予約の家屋の修理チーム以外には客人が訪れることも極めて少ない中で、このチャイムは尋常でないことは明らかでした。

 慌ててマスクをつけて玄関に小走りに向かい、玄関の戸を開けたら、もう真っ暗になった玄関先に見慣れた顔が4人立っていました。思わず「え、どうしたの?」と怪訝そうな表情の教授を見るや、みんなで「ハッピーバースデー!」との声が一斉に鳴り響きました。

 そして、おもむろに大きなフルーツとチョコレートのバースティケーキを蓋を開けながら、差し出してくれたのでした。

 そういえば、この週末近くに誕生日を迎えることを事前に察知してくれていて、週末も夜に皆んなで示し合わせて教授の自宅まで来てくれたのでした。

 年齢を重ねてきますと、なんとかなく誕生日が来るのが嫌というか、億劫に感じることが多くなってきます。しかし、異国の地で多様な国籍の同僚からわざわざ心温まる配慮をいただいたときは本当に嬉しいものです。

 それに、とても美味しく見えるケーキまでも持ってきてくれたとなると、嬉しさも格別となります。本当に「ありがとう!」と何度も言いたいほど、嬉しいものでした!




(日) 格言「自分だけの発見と思ったら世界には少なくとも3人が同じ発見をしていると思え!」

 教授の英語原著論文の数がいよいよ500本を超えてきている中で、サウジでの勝負論文も正念場を迎えて来ています。勝負論文はどれも5-6年をかけての成果なので、スピード感のいる国際研究競争の中でどう発表していくかは、とても悩ましい問題です。

 Nature誌は、多くの姉妹誌を発刊しており、昨年12月あたりからレター(Letter)と言われる短報を廃止してアーティクル(Article)と言われる本報のみにしたこともあって、その採択率はさらに下がって激戦度がさらに増しているように思われます。実際、そのインパクト・ファクターも非常に上がって来ており、狭き門の程度が一段上がってきている印象を持ちます。

 Nature CommunicationsというNatureの姉妹誌も、その投稿料の高いことで有名ですが、このインパクトファクターも徐々に上昇しており、難関誌に仲間入りしてきている状況になってきているようです。

 そういった中で、いかに独創的で有意義な発見をしたかということが、その論文発表において一番大事なことですが、同時に一番難しいことでもあります。そういう中で、格言「自分だけの発見と思ったら世界には少なくとも3人が同じ発見をしていると思え!」を思い出しています。

 大体人間考えることは同じですから、研究状況が似てきているときには特にこの格言は重要です。とてもいいことを思いついたり発見した時は、世界中を見渡せば必ずや同じような発見をしている人が複数はいるだろうと言うことです。

 そういう状況の中で、それらの他の人に優位性を持つには、とにかく「これでもか、これでもか!」の三重四重の証拠を出すことで区別化を図るしかありません。見つけた発見が新規で独創的で有ればあるほど、このことが研究発表の鍵になることは言うまでもありません。

 そこに向かって必死に頑張るしか、結局はそれ以外にいい方法はないものと思われます。